• うるおい百花

わがまま養生訓(鈴木養平先生著/フォレスト出版)忙しすぎて自分のことが後回しになっている現代人にオススメ!

私が漢方スクールで大変お世話になった、鈴木養平先生のご新刊「わがまま養生訓」。

江戸時代の儒学者で本草学者、貝原益軒先生の「養生訓」の中から、鈴木先生が、忙しすぎて自分のことが後回しになっている現代人に必要な部分をピックアップして、解説してくださるという御本。

と、書くと、難しそうな感じがしてしまいますが、とにかく面白いです。

年齢とともに浮腫みやすい(お悩み紐解きシリーズ)

代謝・・・悪くなりますよね。

漢方で紐解くと気(き)の不足です。気は「動かす」働きをしているので気不足になると体内の「水(すい)」のめぐりも悪くなりむくみやすくなります

そしてこれから梅雨。
もうすでに湿度が高い日が続いていますが、外気の湿度は体内にも影響します。書籍にも書きましたとおり、類は友を呼ぶ・・・

47歳なのに、口周りアゴの潰れないのに大きなニキビがひどい(お悩み紐解きシリーズ)

ニキビは青春期のものと思われがちですが大人になってからのニキビはカラダの中を教えてくれている大事なサインなのです。

年齢に関係なくできるときはできます。

特にお肌もカラダの中も“乾燥”している時はできやすいです

「潰れないニキビ」とおっしゃっているのでおそらく、

体内除湿がカギ!「気持ちも食生活も筋肉もたるんでしまっていました」を漢方で紐解きました

『肌のハリ、太り気味
加齢のせいだと思っていましたが、このところ、気が緩み、くよくよしていて、気持ちも食生活も筋肉も、たるんでしまっていました。』

というお悩みをいただきました。ありがとうございます。

そうですね、うるおい漢方を知らずにいると、こういう時に、どんどん負のスパイラルにはまっていってしまいますよね。

 
くよくよ

食生活乱れる

使い捨てマスクを使うとすぐ肌が荒れる。冬は唇の皮がむける。目の下がたるむ(お悩み紐解きシリーズ)

「使い捨てマスクを使うとすぐ肌が荒れる。冬は唇の皮がむける。目の下がたるむ。気になる点です。よろしくお願いいたします!」

というお悩みが届きました。

共通点がなさそうな3つのお悩みですが、実は、漢方で紐解くと、共通点があります。

女性のうるおいも艶も、思考力も!欲張りたければ・・・<薬膳クッキー解説>

大好評の薬膳クッキー、10種類のクッキーを1つ1つうるおい漢方解説をしてまいりました。

ついに、きてしまいました。今日はラストの1種類見た目が一番キュンとする【いちご&ビーツ】のうるおい解説です。

お花のカタチでぱっと見の可愛らしさと落ち着いたピンクがオトナらしくていいですよね。

薬膳ではいちごは

1 2 3 4 5 6 7 8 9 366