Category -  肺(はい)

もしも私がカーリング女子「もぐもぐタイム」に差し入れをするなら

平昌オリンピック、日本女子カーリング選手の
「もぐもぐタイム」
 
何を食べているのか
どんな効果があるのか
知りたくありませんか?
 
 
今日は、
集中力と美容の視点で、
注目したいと思います。
 
 
記事によれば

お客様の声「うるおい美漢茶」:こんなに肌が綺麗になるならと 毎日欠かさず飲んでいます。兵庫県、公務員、40代女性

うるおい美漢茶は
10人中9〜10人の方は
「美味しい!」
と言ってくれますが
 
 
10人中0〜1人の方は
「味が苦手」
と言う方もいらっしゃいます。
 
 
これは、

お客様の声「うるおい美漢茶」:美漢茶のパックをしたら さらに良くなり ビックリしました。東京都、歯科助手、20代女性

「肌が内側から輝くのを実感したことと
 
アレルギーが出たときは薬を飲み
点滴を打たなくてはいけなかったのに
 
症状が出たときに薬ではなく
美漢茶を飲みたくなり
飲んでみたらおさまり
 
その後も飲み続けたら
アレルギーがでなくなりました。」

お客様の声「うるおい個別相談」:「感情のコントロールの悩みが解決できました」30代女性

素敵なお声をありがとうございます。
 
漢方で考えると感情は内臓が決めています。
そして「お肌は内臓を写す鏡」ですので
ということは、
感情とお肌はつながっているのです。
 
いつも心地よくいられれば
お肌も美しくなります。
 
しかしながら

超カンタン!秋のほうれい線を浅くする3つの習慣

秋は、肺が弱る季節だからほうれい線、マリオネット線が深く刻まれる。
なので、「肺」を強くしてあげればほうれい線、マリオネット線が深く刻まれることを防げるというお話をしました。
 
肺を強くするって何?!
 
深呼吸?腹式呼吸?胸式呼吸?
水泳?乾布摩擦!?!?
 
ちょっと古風でしたでしょうか?
今日は秋に肺を強くして、ほうれい線、マリオネット線を浅くする3つの習慣をお届けします。

秋に深くなる「ほうれい線」を浅くする裏技は「●」を強くすること

「ほうれい線」「マリオネット線」
この線は疲れや年齢のせいだけが原因ではありません。
は秋に深く刻まれやすくなります。
そこで今日は
 
1、なぜ秋に!?
 
2、年齢のせいじゃないってことは防げるの?
というお話をします。

すっぴん美肌になる方法!うるおい漢方スキンケアで クマもたるみもニキビもさようなら。

どんな年齢でも、
「肌が綺麗じゃない」と、
自分が気になっていたとしても

カラダの内側から改善していけば
誰でもキレイになることができます。

ぜひこれからもあきらめずに
「すっぴん美人」になる方法を
追求していってくださいね。
わたしも全力で応援させていただきます。

汗をかけない乾燥女子向け!年越しそばのススメ

水をお肌などに送り
余った分を汗として出してくれるのが
漢方でいう「肺(はい)」。

漢方でいう肺とは
呼吸器系の働きの他に
お肌をうるおいで満たしたり
汗を出す働きもしているところです。

なので、肺が弱くなると
汗がかけなくなる上に
お肌も乾燥するのです。

心当たりのある方は
肺(はい)の働きを整えるために