Category -  くちびるの乾燥

【まとめ】知的な美を宿す”美唇”を始めよう

唇も老化します。
そして、一度老化すると元に戻りにくいのです。
 
だからこそ、日々、ちょっとしたことをコツコツ続ける老化対策が功を奏します。
 
ぷっくり唇がしぼんで平坦、
梅干しジワ唇、
口角が下がる
唇の色がない
唇の色が紫
唇がガサガサ乾燥する
口角が茶色くくすんでいる
 
これらは全部、唇の老化です。
 
カラダの内側からと外側から
唇を若返らせるヒントをお届けした記事をまとめました。

意外とできる「唇のシミ」カラダの中で起こっていることと消す方法

唇にはメラノサイトがほとんどないので
紫外線にさらされてもお肌ほどシミはできにくいのですが
 
お肌と唇の境目や口角は
メラノサイトもあるので
紫外線が当たればシミになります。
 
紫外線対策もちゃんとしてあげましょう。
カラダの内側からの具体策と
オススメリップの成分をお伝えします。

最新「美唇」事情

唇とか口元って、、、
 
 
話したり、食べたり、飲んだり
口の周りに付いたものをナフキンやティッシュでふき取ったりしても
普段と変わらない状態なので
 
 
お顔の他の部位よりも働き者なので
丈夫そうな感じがしませんか?
 
 
とんでもない!
 
 
実は、

唇の形は知らず知らずのうちに崩壊する。〜美リップに戻る具体策〜

何もせずにいると
唇の形は徐々に、徐々に
崩壊してしまいます(><)
 
 
お肌と同じように
唇もちゃんと見てあげましょう。 
 
 
お顔にはたくさんの
細かい筋肉が複雑に働きあって
表情を作っています。
 
 
このうち、
唇を支えてくれている
主な筋肉が、

どうして年齢を重ねると、鼻の下が長くなるのか?(唇の老化)

男女かかわらず、鼻の下が伸びちゃうって(><)
 
 
答えは「●●●」なんです。
 
 
 
老化によって
筋肉がたるんだり、
縮んだりすると
唇の位置が落ち、
鼻の下が伸びてしまうのです。
 
 
●●●の原因は
「◆◆」だったりもするので
まずはそこをほぐしてあげましょう!
続き↓↓↓

1 2 3 4 5 6