Category -  メルマガバックナンバー

じゃあ、カカオだけ買って食べればOK?

カカオは、漢方でいう
自律神経、情緒に関わる「肝」が癒されます。
気血水では生命エネルギーである「気」を補い、めぐらせます。
 
 
万全のように見えますが
逆に言えば、それだけなのです。
 
 
さらに
カラダの内側からお肌のうるおいを創り出し
乾いたお肌をひたひたにうるおしたい!
 
 
というのであれば

春に必要なのは、スイーツ好きにとって究極のリラクゼーション!

まだ真冬で各地では雪が降っているというのに
春の話をするのはまだ早いのでは?
と思われるかもしれませんが
 
 
2月3日の節分が過ぎたらもう春です。
 
 
漢方では、春は風邪(ふうじゃ)の季節。
 
 
風邪(ふうじゃ)は
感情にはイライラを
お肌には蕁麻疹やほおに赤いニキビをもたらします。

おいしい話!「調子よさそうだね!」と言われるピンク肌になる。

毎日寒くて、カラダがぎゅーっと縮こまってしまいますね。
 
縮こまったカラダは血流が悪くなり、毛細血管なんて、さらにほそーくなります。
暖かい血がめぐらなくなるので特にカラダの末端(手足の先)が冷え、血が届かない部分には

フットワークの軽い動けるカラダを作るスイーツ

なぜ、これから春にかけて
女性に「カカオ」が必要なのか?
というお話を前の記事ではお伝えしました。
 
 
今日は詳細です。
 
 
カカオは薬膳・漢方では
春に美しくなれる3つの嬉しいことがあります。
 
 
1、フットワークの軽い動けるカラダを作る
2、「調子よさそうだね!」と言われるピンク肌になる。
3、リラクゼーション
 
 
深堀しますね。
1、フットワークの軽い動けるカラダを作る

目指すは軽くて、ピンク色で、力が抜けている女性!

「季節の養生」
それは季節の変化を読み自然界を味方にして
もっと自分を元気に美しくすること。
 
 
どういうことかというと、
 
 
私たちのカラダ、お肌は
食べたり飲んだりしたものだけでできているわけではなく
自然界の変化によっても影響されます。

七草粥はビューティーな儀式

日本では、邪気払い、お正月で疲れた胃をいたわる、お野菜不足の解消の意味で知られていますが
調べてみると、いろんな説があるのですね!
 
 
立身出世を願う日
新年の運勢を見る日
親を若返らせる(一口で10年、七口で70年若返る)
etc
 
 
いずれにしても良いことばかり(*^^*)
 
 
では、
うるおい漢方ではどうなのでしょう?
まとめてみました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 192