美人は、白ではなく赤を目指す。


こんにちは。
うるおい漢方の専門家
大塚まひさです。

 

◆白ではなく、赤を目指す理由。◆

 

人は、
体温が高く赤血球が多いために
カラダが赤くて、柔らかい
ちゃん」で生まれ、

 

放っておくと、
年齢とともに
体温が下がって、
白いもの(白髪、白内障etc)が増え
ちゃん」になります。

 

美白ならいいんですけど
老化の白いものは
増やしたくないものです(><)

 

白というのは
「冷え」の象徴と言っても良く、
(美白とは別。)
雪を代表するように
冷たい色です。

 

雪だるま.jpg

 

世の中のものは
冷やすと硬くなりますよね。

 

食べ物を冷蔵庫や冷凍庫に入れれば
硬くなります。
冷蔵庫に入れておくと乾燥するから
フタしておこうとか
ラップしておこうとかにもなります。
冷やすと、
硬くなって乾燥するのです。

 

人も同じことで
年齢とともに体温が低くなったり
冷えると、
お肌は硬く、
乾燥してカサカサになります。

 

筋肉や関節もなめらかさを失い
硬くこわばり、
立ち居振る舞いが優雅でなくなります。

 

何が言いたいかと言いますと、
冷えは老化なんです。

 

また、体温が1度下がると
免疫力が30%落ちる
と考えられています。

 

冷えると病弱になって
医療費はかかるし

 

誰もが平等に与えられた
1日24時間、1年365日を
思い通りに過ごせるか、
カラダが言うことを聞かずに
治療に時間を費やすかで

 

やりたいことをやる
持ち時間が変わってしまう
そう思いませんか?

 

漢方視点では
冷えていると、

 

・お肌が綺麗じゃない
・髪が綺麗じゃない
・爪もボロボロ
・唇もガサガサ
・ドライアイ
・むくみ
・機嫌が悪い
・体調が悪い
・元気がない
・代謝が悪く太りやすい
・風邪をひきやすい
・機嫌が悪い
・くよくよ悩みやすい
・・・

 

もう挙げるとキリがないほど
良くないことばかり。

 

見方を変えれば、
冷えている方は温めれば
柔らかさ、
美しさを取り戻せる!

 

やりたいことををやる
時間、バイタリティーも増える!
ということ
ではないでしょうか?

 

体を芯から温め
自分で熱を作り出せる
カラダになることで
今よりもっと
充実した美人になれるのです。
嬉しい!

 

では、
カラダを芯から温める
熱を作り出せるカラダになる

 

とはどういうことなのでしょうか?

 

芯から温めるということで
真っ先に”生姜”を
思い浮かべる方が
多いのですが・・・

 

続きは
次の記事
お伝えします。

 

今日もお読みいただき
ありがとうございました。

 

◆大阪でセミナーやります!
『女性ホルモンの乱れを感じたら
何を摂ればいい?
冬のうるおい漢方レッスン』
▼▼▼詳細
https://bikancha.com/?p=21792&wp1026

 

191109冬のうるおい漢方レッスン.jpg

 

◆Instagramで挑戦中!
「100日美漢茶」
100日間、毎日1投稿ずつ
うるおい美漢茶に関する投稿をしています。
美漢茶リメイクレシピなど
アップしていますので
フォローしていただけたら嬉しいです。
>>https://www.instagram.com/mahisaotsuka/

 

◆YouTubeでは
動画でうるおい漢方を発信中
読まずに見るだけで
うるおい漢方がわかります。
チャンネル登録お願いします♪
>>https://www.youtube.com/channel/UCX140uF9kPjvHVrl-bEV9_A

 

◆Twitterもやってます
フォローしていただけたら嬉しいです。
>>https://twitter.com/hiineco

 

うるおい漢方の専門家
薬剤師/漢方臨床指導士
大塚まひさ