カラダの中を変えて最高の美容液を得る♪睡眠の取り方3つのポイント


 

うるおっちゃってごめんなさい。
女性を潤す漢方の専門家
大塚まひさです。

 

◆カラダの中を変えて
最高の美容液を得る♪
睡眠の取り方3つのポイント◆

 

睡眠

 

夏の3大お悩み〜睡眠、汗、UV
〜まるっと解決!漢方美容大事典
をお届けしています。

 

夏の3大お肌のお悩みといえば!

 

『睡眠、汗、UV』

 

今日は
その1、睡眠のお話。

 

『睡眠は最高の美容液。』

 

ということは
ご存知の通り。

 

結構、
睡眠を後回しにしている方
多いのでは?

 

睡眠がなぜ、
最高の美容液なのか?
ちょっと解説しますね。

 

昼間に
紫外線や近赤外線、
ブルーライト、
PM2.5、排気ガスなどで
ダメージを受けたお肌は
寝ている間に修復されます。

 

だけど、
寝なかったり
眠りが浅かったり
睡眠の質が悪かったりすると

 

お肌は修復されず
疲れや老廃物を残して
次の日を迎えてしまうのです。

 

それが続くと
お肌は「汚肌」が常態に(><)

 

さらに追い討ちをかけるように
漢方で紐解くと
なんと!!!

 

夏は不眠になりやすい季節なのです。

 

漢方では夏は
睡眠に関わる心(しん)
弱りやすい季節だからです。

 

寝ることは
綺麗なお肌に戻るために
とってもとっても大事。

 

それも
ただ寝ればいいってものではなく
時間も質も重要なポイントです。

 

前置きが長くなりましたが
それでは、
カラダの中を変えて
最高の美容液を得る♪
睡眠の取り方3つのポイントを
お伝えします。

 

★1つ目

「赤で心を整える」

瞑想とか深呼吸とか
いろいろありますが
ここでは漢方的に
睡眠に関わる臓器「心(しん)」
を整える方法をご紹介します。

 

『赤い色の食材を食べること』

 

です。
赤い食材はイメージ的には
興奮しそうですが(笑)

そんなイメージとは裏腹に
心を整え
夜の睡眠の質を高めてくれます。

 

赤色もの、、、
赤身肉(豚肉がオススメ)
赤身魚
人参
トマト
スイカ
ぶどうなどのベリー系もgood!
がありますね!
試してみてください。

 

★2つ目

「苦味で心の熱を冷ます」

夏に不眠になりやすい
原因の一つとして
心に熱を持つことがあります。

 

心につを持つって
良さそうなイメージですね(笑)

 

余分な熱を持つと
興奮して眠れないのです。

 

そんな時に試してみていただきたいのは

 

『苦味のある食材をいただくこと』

 

ゴーヤ
ピーマン
緑茶
他、夏野菜
がありますね。
試してみてください^^

 

★3つ目

「お昼寝をして心を整える」

漢方では漢方の時間割というのがあります。

 

24時間、五臓六腑が
活発に働く時間が決まっていて
その時間にその臓器が
喜ぶことをしてあげると
その臓器は整っていくのです。

 

睡眠に関わる
「心(しん)」の時間は
昼間の11時〜13時。

 

この時間に
1分でもいいから
目を閉じると
心が落ちつき、
夜の睡眠の質が高まります。

 

本当はお昼寝がベストなのですが
なかなかそうもいかないと思いますので
ランチの後1分、
目を閉じるだけでも良いですよ。
明日、早速試してみてください。

 

今日は
「良質な睡眠」という
最高の美容液を得るための
漢方をお伝えしました。

 

明日のメルマガは
夏のお肌、3大お悩みのうち
2つ目「汗」についてお届けします。

 

汗を味方にして
ベタつき肌から
うるおい肌に変わりましょう!

 

今日もお読みいただき
ありがとうございました。

 

うるおっちゃってごめんなさい。
大塚まひさ