寝たきり長寿国日本を、世界一高齢者が美しい国へ。MAKEOVER MAGIC2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

「見た目だけは永遠の39歳でいたい」
このような言葉が
雑誌に載っていました。

 

うるおっちゃってごめんなさい。
うるおいプロデューサー
大塚まひさです。

 

◆寝たきり長寿国日本を、世界一高齢者が美しい国へ。◆

 

7月5日に
「MAKEOVER MAGIC!」
というイベントに参加してきました。

 makeovermagic.jpg

このイベントは、
「寝たきり長寿国日本を
世界一高齢者が美しい国へ。」
というコンセプトのもと、

 

60歳以上の女性が
思いっきりドレスアップと
メイクアップをして
ランウェイを歩くのです。

 

今回の最高齢96歳の女性が
白いウェディングドレス
を着て歩きました。

 

合計で
女性20名
男性4名が
ステージに上がったのですが

 

その中の一人が
私の祖母(90歳)でした。

 makeovermagic3.jpg

祖母は、
80歳の時に
くも膜下出血で意識不明になり

 

もう二度と、
普通に話すことはできない
このまま寝たきりになる
と言われていました。

 

それが

 

高齢だと心臓が
手術に耐えられるかどうかも
問題になるのですが

 

祖母の心臓は60代!
と言われて無事に
手術を受けられたこと

 

手術をしてくれた
先生に恵まれたこと
そして、

 

30代から続けていた日本舞踊や
水泳やウォーキングで
足腰を鍛えられていたことで
リハビリもがんばれたこと
が功を奏して

 

今では後遺症もなく
小走りもできるほどに
回復しました。

 

孫の私が言うのもなんですが
見た目も若いんです。
90歳には見えません。

 

頭もはっきりしていて
食べる量も
私よりも多いほど(笑)
胃が丈夫なんですね。

 

内臓が丈夫というのは
見た目の若さにも直結してる
実例を見て実感しました。

 

舞台では
ただ歩くだけではなく
日本舞踊仕込みの舞を披露して
大喝采をいただきました。

 

他の出演者の方を見ても
見た目がすごく若いんです。
とても実年齢には見えません。

 

 makeovermagic4.jpg

みなさんの若さの秘訣を
聞いてみると

 

・食べること
・動くこと
・歩くこと
・人に見られること

 

これらに
こだわりを持っている方が
多かったです。

 

良いものを食べて、動く。
(そして人に注目してもらう。)

 

この基本的なことで
カラダを健康に
しているということです。

 

お肌は内臓を映す鏡。
見た目も内臓を映す鏡。

 

このことを
証明してくださっていました。

 

「見た目だけは永遠の39歳でいたい」
という言葉を
雑誌美STの表紙で見つけましたが

 

実年齢よりも
老けて見える人と
若く見える人
では、やっぱり内臓が
深く関わっていました。

 

長くなりましたので
実年齢よりも
老けて見える人と
若く見える人
の内臓の違いは
次のメルマガでお届けします。

 

うるおっちゃってごめんなさい。
大塚まひさ