Category - 

【ご挨拶】&お正月に卒業する「冷えむくみ&重ダル&乾燥」最終回

今日は3つ目、
お小水として外に出す「腎(じん)」を整えて
軽くて、ポカポカしてお肌もぷるぷるになる
具体策をお届けします。

腎は冷えに弱くカラダが冷えてくると

汗をかけない乾燥女子向け!年越しそばのススメ

水をお肌などに送り
余った分を汗として出してくれるのが
漢方でいう「肺(はい)」。

漢方でいう肺とは
呼吸器系の働きの他に
お肌をうるおいで満たしたり
汗を出す働きもしているところです。

なので、肺が弱くなると
汗がかけなくなる上に
お肌も乾燥するのです。

心当たりのある方は
肺(はい)の働きを整えるために

「重ダルいカラダ」と「くちびる」の関係

脾の水をさばく働きが弱っていると
重ダルい、冷え、むくみの他に
「唇の乾燥」
「口の周りに吹き出物ができる」
というサインが出て教えてくれます。

今日は
「脾(ひ)」の働きを整えて
水をさばく力をつける具体策を
お届けします。

重ダル〜い。それって 「●」と「●」と「●」の 調子が悪いのかも。

寒くて、冷えて
足もパンパンにむくんで
カラダは重ダル〜い(><)

それは、漢方で紐解くとカラダの
「●」と「●」と「●」の 調子が悪いのかも。

お正月のうちに
「水(すい)」に
支配されたカラダを卒業して

軽いカラダと
キレイなうるおいに満ち溢れた
お肌を作っちゃいましょう。

どんなサプリを飲んでも「これスゴイ!」という手応えがない人へのカウンセリング

「これといった悩みが
あるわけではないけれど
モチ肌になりたい(^o^)/

だけど、
どんなサプリを飲んでも
『これスゴイ!』
という手応えがなくて・・・」

という相談を受けました。
・意外と多い相談なので
このような相談の場合
どのようにカウンセリングを
していくか
ネタばらししちゃいますね

40代、50代のたるみをメイクで隠す方法

40代、50代の女性のお悩みのほとんどは

ツヤが欲しい
うるおいが欲しい
シミ、シワ
たるみをどうにかしたい

です。しかし

ツヤメイク、うるおいメイク
はできて
シミは隠せるけれど

たるみは隠せません。

しかし、漢方を活用すれば
隠せるように・・・!?

台風が来るとチョコレートを食べたくなる人へ

台風が近づくと
「気めぐり」が悪いあなた、
「水たまり」タイプのあなたは
体調もお肌の調子も
悪くなりそうですよ。

解説と対策をお届けします。

【解説】くちびるからのサイン

水を必要以上に飲んだり(常温もNG)、
酸っぱい食べ物(柑橘系、酢、ヨーグルトも)を食べたり、
白砂糖の入ったおやつは
くちびるのパックリ割れを
助長している可能性があります。

くちびるからのサインを見逃すな。

例えば、秋冬になると増えるのが
『くちびるがパックリ割れて痛い!』
というお悩み。

リップが悪い?
もっと保湿力の高いものをつかわなくっちゃ!

と思って
高いリップクリームを買ったり
何度も何度もつけたりリップパックをしたりする。

それでもよくならず、次は

お客様の声「うるおいコンシェルジュ」:東京都・悦子さん「マイナス13歳肌に!」

多くの方がまだ漢方に対して
積極的なイメージを
持っていないと思うので

漢方ってこんなに楽しいものだ
うるおい漢方って
こんなにすごいんです!
ということを
広めていければいいと思います。

1 2 3 4