【極上すっぴん美肌論】〜ざくろで色気美人編〜無料ダウンロードキャンペーン

このエントリーをはてなブックマークに追加

乾燥したお肌に、どんな高い化粧品を塗っても
砂漠にシートをかぶせているようなもの!

体の内側からうるおいを創る必要があります。

お肌がうるおって、
おまけに“うるっぽ色気美人”にもなりたいあなたへ

極上すっぴん美肌論
〜ざくろで色気美人編〜
期間限定無料ダウンロードキャンペーン実施中

 

 極上すっぴん美肌論ざくろで色気美人編

東洋医学では
女性は7の倍数で老けます。

35歳で外見に衰えを感じ始めて
42歳で白髪が目立ち始め
49歳で閉経をむかえはじめます。

このとおり歳をとっていくはずです。

でも、同じ年齢なのに魅力的で、男女問わずに愛され続ける女性と
カッピカピに乾いてすり減って見える女性がいますよね、

何が違うのだろう?
そう思ったことはありませんか?

こたえは“色気”です。

え!?いまさら露出!エロ路線!?

と思ったあなたはちょっと古いかも!?

Facebookで
「色気ってどんなイメージありますか?」
という問いかけをしたところ
以下のような意見をいただきました!

↓↓↓

「お肌がキレイなことが絶対ですね!あとは抱き心地よさそうな感じでしょうか~」
(土居恵利子さん)

「ONとOFFの行動が明確に切り替えられている方は色気を感じます。
私にとって色気イコール「知的な雰囲気」であります。」
(男性)

「自分をさらけ出せる人ではないでしょうか^_^?
先日のまひささんのメルマガ色気を感じましたよ!」
(小宇佐拓宏さん)

「ドキッとさせられる仕草や表情?内側から出るオーラみたいなものでしょうか」
(小島慶子さん)

「柔らかそうでお手入れされた肌」
(イシヤマミュウさん)

「血色が良くて元気生命力が満ちていること表情豊かなこと
が私の思う色気です(*^^*)」
(野口真紀子さん)

「自然に醸し出される柔らかい雰囲気、
作りこんでいない明るさなどでしょうか?」
(もりたかずえさん)

「透き通る肌に、リップの形あとは雰囲気ですね^_^」
(小田倉しれいさん)

↑↑↑ここまで

そうなんです。
もう今は「出せばいい!露出!」
ではないんですね。

そこで、2015年、私の提案する色気は

「ヘルシーな大人の色気。」

そろそろかわいいだけは卒業したい!
でも一歩まちがえるとただのオバサン(> <)

女性としてまだまだいける!
でも痛い女にはなりたくない(><)

そんな気持ちでいるあなたへ
お伝えします。

「ヘルシーな大人の色気」は
ざくろで手に入ります(^o^)/

どうして?どうやって?
と思ってくれているあなたに

以下の内容で冊子にまとめましたので
期間限定で無料ダウンロードキャンペーンを実施します。

極上すっぴん美肌論
〜ざくろで色気美人編〜
期間限定無料ダウンロードキャンペーン実施中

 

極上すっぴん美肌論
〜ざくろで色気美人編〜

を今すぐお読みになることで

 冬に向けて増えてくる
世の中のすべての美肌法を
漢方でひもとけるようになり 

あなたに合った美容法を選べる
美の基本軸が手に入ります。

 

 このような内容を書いております。 

◆なぜ、「ざくろで色気美人」になれるのか?

●老けないお肌をつくる目からウロコのホルモン講座
●色気がない、といわれたら!大人色っぽい女優さんにある3つのこと
●3人に共通するカンタンに“うるみ色気美人”になれるコワザ
●急げ!いま、ざくろをスタートする理由
●ざくろってジュースがいい?たべたほうがいい?
●ざくろトリビア

 

◆なぜ今、「極上すっぴん美肌論」なのか

●『ノーメイクが美しい≠すっぴん美人』です。
●本当の意味を知ったら、あなたもすっぴん美人になりたくなる!
●漢方で知る、極上すっぴん美肌への道
●フェイスラインが心なしか重たい「たるみ」対策
●一気に老け顔「ほうれい線」を内から消す!?
●清潔感がない「くり返す大人のニキビ」にサヨナラ(^o^)/
●もうイライラしない♪心のうるおいも漢方で手に入れる

 

◆このような方にオススメです。

●お客様ひとり一人に合った
カラダの内側からのアドバイスを
的確にして差しあげたいエステサロンオーナーさん

●スキンケアをいろいろ変えても
乾燥肌がよくならない美容フリークの方

●コラーゲン、サプリメント、オイルを飲んでも
お肌にうるおいを感じづらい
うるおいキャッチャーが弱り気味の女性

●なぜか最近、一気に老け込んでしまい
老け顔から童顔になりたい35歳~40代の女性

大塚まひさbefore-after

  

極上すっぴん美肌論
〜ざくろで色気美人編〜
期間限定無料ダウンロードキャンペーン実施中

 

◆筆者、大塚まひさ

うるおちゃってごめんなさい。
うるおい漢方の専門家
大塚まひさです。

 

カラダの内側から
うるおいのあるお肌を創る
漢方の情報発信をしております。

 

私自身が漢方で
月に80錠飲んでいた頭痛薬を手放せた経験があります。
そして頭痛から解放されたら、
万年ストレスニキビからも解放されました。

 

漢方は女性にとても合っている
それなのに広まらないのは

 

漢方が
苦い、まずい、めんどうくさい
というイメージだからではないか。

 

そこで
そのマイナスイメージを全部払拭して
美味しい、カンタン、キレイになれる!
というオリジナル漢方茶
『うるおい美漢茶®』を開発いたしました。

 

日本の女性を漢方で
真珠のように美しく、気高く、輝かせたい
という想いをもって

 

2012年7月11日(真珠記念日)に発売。
4年間で56,700袋以上お届けしています。

 

さらに、
2015年4月より
カラダの内側からうるおいのあるお肌を創る
うるおい漢方の専門家を育成する
うるおいコンシェルジュ養成講座をスタート。
 

 
『女性がうるおえば 世の中が変わる(^_-)-☆』
 
女性がうるおえば 
自分の生き方に自信がもてる。
 
自分の生き方に自信が持てれば 
男性を勇気づけられる。
 
男性が勇気づけられれば 
社会が大きく変わる。
 
社会が大きく変われば 
世の中が強く、豊かになる。 

 

このことを志命として

「うるおっちゃってごめんなさい。」
を合い言葉にして
全国のうるおいたい女性を全力で応援しています。 

 うるおい漢方の専門家 大塚まひさ

 

<略歴>
東邦大学薬学部卒業、薬剤師
製薬会社MR
CROで抗がん剤の臨床開発
漢方薬局薬剤師
漢方臨床指導士

 

株式会社Orient
代表取締役
うるおい漢方の専門家   
大塚まひさ