そこだったの!?老け見えの原因は●と首の落差

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

うるおっちゃってごめんなさい。
うるおいプロデューサー
大塚まひさです。

  

◆そこだったの!?
老け見えの原因は●の落差◆

 

昨日の続きです。

 

雑誌美ST8月号で書かれている
見た目年齢を左右する15のポイント、

 

このうち、
以下の8つが
漢方で紐解けて
解決策できます。

 

1、分け目が目立つと即座に+5歳

2、顔と首との落差が激しいと+3歳

3、まぶたのたるみ、クマ、目尻のシワの破壊力は絶大

4、100年の恋も冷めるひじのシワシワびろびろ

5、垂れ尻、パツパツ太もも、後ろ姿で+5歳

6、ほおにY字!ムンクジワが出現した瞬間に大幅老け見え

7、髪にツヤがあるだけでー3歳

8、ボサ毛は即座に45歳以上に見られる

 

永遠の39歳であるために
今日は

 

「2、顔と首との落差が激しいと+3歳」

 

を漢方でひもといて
内側からマイナス3歳に
しちゃいましょう!

 

首に年齢が出るのは有名なこと。
だから化粧水も美容液も
首にもしっかりつけている

 

と言う方も多いでしょう。

 

だけど、
聞きたくないかもしれませんが

 

それだけじゃダメなんです。

 

なんで?
じゃあ何をすればいいの?

 

と思ってくれた方は
この先をお読みください。

 

まずは
顔と首との落差って何なのか
見てみましょう。

 

1、ほおは若々しいのに対して
首の皮膚のたるみ

2、首の細かいシワや骨のゴツゴツ 

 

ということです。
あなたのお首、大丈夫でしょうか?

 

首のシワ.png

 

では次に
この2つを漢方でひもといて
首から若見えを作りましょう。

 

1、ほおは若々しいのに対して
首の皮膚のたるみ

『たるみ』
これは、
上に持ち上げる力の不足
お肌の乾燥が原因です。

 

漢方で紐解くと
上に持ち上げる力の不足とは
「気(き)不足」です。

 

お肌の乾燥は
「血(けつ)不足」です。

 

カラダの内側の
気血が不足すると
下がって乾燥して
私たちのお肌は教えてくれます。

 

しっかり気血を補うことが
首から若返るポイントなのです。

 

2、首の細かいシワや骨のゴツゴツ

首の細かいシワは
上記と同じように
たるみと乾燥が原因です。

 

骨のゴツゴツは
そこについているはずの
ふんわり肉質のいい脂肪や筋肉が
落ちてしまっているので

 

これもやっぱり
気血の不足なんです。

 

では、
実際にどうしたらよいかというと

 

気血を内側から補って
リフトアップ準備万端
ふっくら瑞々しくなる準備万端
にしてあげればいいのです。

 

気(き)を補う食材は
いも、栗、かぼちゃ
豆類、穀類、きのこ

ですが
新鮮な空気の中での
深呼吸でも気を補えるんですよ

 

血(けつ)を補う食材は
赤黒食材でしたね!

クコの実、ナツメ、
ベリー、黒ごま
赤身肉、赤身魚
などがあります。

 

内側で気血を補った上で
首のストレッチも
取り入れてみてください。

 

顔と首の落差がなくなった!
と言う報告、お待ちしています^^

 

私が若く見えない原因って何だろう?
老け顔から、
素敵な若見えになるために
何をしたらいいのかな?

 

そう感じている方へ、
あなたにあったうるおい対策を
直接お伝えする機会を
作ろうかと思っています。

 

メルマガで詳細を発表しますね。

 

うるおっちゃってごめんなさい。
大塚まひさ