Category -  メルマガバックナンバー

【秘書募集vol.4】仕事は辞めないでください。

ここ数日、メルマガでお伝えしている私の秘書募集について、数々の熱い、熱〜いメッセージをありがとうございます!こんな風に想ってメッセージをくださるなんて本当に、感動です。
ただ、1つお願いがあります。今のお仕事は今すぐ辞めないでください!そう申し上げる理由は2つあります。

【続々・秘書募集】私は秘書の器なのかな?

秘書募集の件につきまして、今日も数件のお問い合わせをいただいております。たくさんの反応をいただけて嬉しいです。お問い合わせの中で、
 
『今すぐにでも応募ボタンを押したいけど
私が役に立てるかどうかわからないな』
 
 
という不安をお持ちの方もいらっしゃるようですので、今夜はお答えしたいと思います。

【続・秘書募集】この世界を一緒に創りませんか?

今回の秘書募集では、うるおいコンシェルジュ以上に私のそばで、豊かな社会創造に熱意を持って一緒にやりたいという方を募集しています。私のそばにいて成長していくということでかなり長い時間一緒にいて豊かな社会創造を
いい意味で企てることになります(*^^*)なので、もしかしたら
 
『大塚まひささんってどんな人なんだろう?(いじわるだったらどうしよう)』
 
『まひささんとシゴトをして、もしも、合わなかったらどうしよう・・・』
 
『私が役に立てるかどうかわからないな』
 
と不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。そうですよね。お互い人間ですから気になるのは当然のこと。そこで今夜は、私ってどんな人なのか?今、一番そばにいる7名のうるおいコンシェルジュ生から見た私の本当の姿をご紹介したいと思います。

私の「秘書」を募集します。

誰よりも私のそばで、私の考え方や私が実践している3つのうるおい
1.お肌のうるおい
2.ココロのうるおい
3.人生のうるおい

を実現させている姿を、できるだけ私の近くにいて、見て、聞いて、体感して身につけ、私のシゴト、ライフスタイル、志、私のすべてを学び取ってくださる方、そのための最高の環境を手に入れたい方、お肌も、ココロも
人生もうるおいたい!そして、いずれはうるおいをシゴトにしていきたい!そういう美意識もビジネス意識も高い方を求めて、秘書を募集いたします。

ご提案、2つ目の発表「秘書」を募集します

もっともっと、私の知っていることを知りたいと願う方に、ぜひ、手渡したい!と想うようになってきました。そこで、2つ目のご提案の発表です。うるおいプロジェクトを一緒に創っていく「秘書」を募集したいと思います。秘書と言っても、世間一般的なスケジュール管理、事務的なシゴトをするだけではありません。

【ご提案その1】すべての女性のお肌を潤す うるおい肌の先生になる 〜うるおい個別相談会〜

これから本格的に始動するうるおいマスターとして全国の女性のお肌を一緒に潤すチームになりませんか?ただし、
うるおいマスターCLASSの詳細はどこにも載せていません。実際にお会いしじっくりとお話をして、あなたの想い描くうるおい肌の先生の姿と、私がご提案するうるおいマスターに相違がないようにしたいのです。そこで、個別にお会いする機会を作ります。詳細です。

【ご報告】うるおいマスターCLASSキックオフミーティングをしました。

始めたこと=一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になる『一粒万倍日』でもあった4月10日(月)、すべての女性のお肌を潤すうるおい肌の先生になる『うるおいマスターCLASS』のキックオフミーティングでした。報告させていただきます。最後には「起業を決めた父の一言」まで発表されてしまいました。

2つのご提案があります。

今日は、うるおいマスターCLASSって何?というところをお話しします。すべての女性のお肌にうるおいを届ける
うるおい肌の先生になるということ。これが、世の中が豊かなる”鍵”であると確信しています。私は、2012年に起業してからの5年間、

お肌のお悩みを解決するたった1つの解決策、「◯」があること

いろいろ熱心に勉強もしているし、様々な美容法を試しているのに、なぜ、お肌が思うように綺麗にならず、悩みが続くのでしょうか?なぜ、いつまでたっても10人来店したら10人のお客様に同じようなことをアドバイスするのでしょうか?今日は私の答えをお話ししますね。

美容家さんのお悩みNo.1、2はコレでした!〜うるおい個別相談〜

3月末〜4月初旬にかけてうるおい個別相談を実施していて
 
 
今回は、
美容のお仕事をされている方や
個人サロンをされている方が
多くいらしてくださいました。
 
 
その中でお悩みNo.1、2は
『説得力のあるお肌になりたい!』
 
 
『全員に同じセルフケアアドバイスではなく
軸と自信を持ってお一人お一人に合ったご指導で
お客様のお役に立ちたい!』
 
 
ということでした。
 
 
具体的には
↓↓↓こんな風です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 140